MDICAL

診療案内

なぜ口内炎はできるのか?

  • 口内炎ができる原因

    口内炎ができる原因は様々です。多くは疲労やストレスによる免疫力の低下と、睡眠・栄養不足によってできる口内炎です。どのような原因で口内炎ができるのかを理解することで、自身の口内炎の原因を知ることができ、今後の予防にもつながります。

  • 口内炎の原因
原因からわかる口内炎の種類

口内炎は原因によって種類が異なります。
自身の口内炎がどれに当てはまるのか、確認してみて下さい!

  • アフタ性口内炎の原因
  • 矢印
  • アフタ性口内炎

    最もなりやすい口内炎です。通常1~2週間で自然治癒しますが、それでも治らない場合は、アフタ性口内炎でなく違う病気の可能性もあります。早めに病院に診てもらうと安心です。

  • カタル性口内炎の原因
  • 矢印
  • カタル性口内炎

    頬の内側を噛んでしまった時や、合わない被せ物・入れ歯、矯正装置が粘膜に触れてできた傷、熱・薬品などによる刺激などが原因になる場合が多い口内炎です。赤い炎症や斑点、炎症が強いと白く濁って見えます。
    被せ物や入れ歯が合わない場合は、早めに歯科へ受診してください。

  • ウイルス性口内炎の原因
  • 矢印
  • ウイルス性口内炎

    カンジタ菌やヘルペスウイルスなどにより、粘膜に小さな水ぶくれができ、破れると潰瘍ができます。他の口内炎より痛みが強いので、食事ができなくなる場合があります。脱水症状にならないよう水分補給をしっかり行うことが大切です。重篤化する前に歯科へ受診してください!

口内炎の治療法

  • 上からみた治療風景
  • 口内炎ができる原因

    口内炎は自然治癒する場合が多い病気です。
    ただし、早く痛みをなくしたい場合は歯科医院へ、口内炎の症状が2週間以上続く場合には、歯科医院やお近くの医療機関にお越しください。



  • 薬物療法

    薬を使った治療法です。市販薬の中にも殺菌・消毒効果・抗炎症作用のあるものはあり、使用することで効果的に改善することもあります。大切なのは口内炎の症状に合った薬を使用することです。

  • 薬物療法
  • レーザー治療

    殺菌・消毒鎮痛・組織の活性化などの効果があるレーザーを患部に照射することで、痛みが軽減され、治療を早める効果があるとされています。
    治療時間は約3分と短く、副作用の心配もありません。お子様や妊娠中の方でも安心して治療を受けることができます。

  • レーザー治療